プロミス審査で使用される判断材料て?

プロミスの審査では、まず申込書を基礎として審査が始まります。
その内容が審査プログラムに入力されて融資限度額が決まります。
しかし、申込内容が正しいか否かの確認は必要です。
その手段として運転免許証の確認が必要になりますし、融資限度額が大きくなれば源泉徴収票などの収入証明書が必要です。
しかしもっと確実な確認手法があります。
勤務先の確認であれば在籍確認や健康保険証の確認が有効になりますし、他の消費者金融との取引の有無については個人信用情報機関への照会で確認できます。
有無だけではなく残高確認もできるのです。
そして最後に申込内容の確認を直接電話でするのですが、この電話の内容が結構申込内容のチェックに役立っているのです。